安いだけで選んでいませんか?激安キャットフードの危険性をチェック

あなたは大切な猫ちゃんに、どんなキャットフードを与えていますか?
市販のキャットフードは確かに値段が安く、経済的にも助かりますよね。

どんなに可愛くて大切な猫ちゃんであっても、家計を圧迫するほどの価格のキャットフードを買うことに、悩んでしまう飼い主さんも多いでしょう。

では、スーパーやホームセンターで手に入る、激安のキャットフードはなぜ値段が安いのか知っていますか?経済的負担の軽減と引き替えに、猫ちゃんの健康を害してしまうとしたら?

今回は、激安キャットフードの危険性についてチェックして行きましょう。

激安な理由は原材料!穀物が使われているかチェックして

今や愛猫家達の間では、猫ちゃんに与えるフードには穀物を使っていない、穀物不使用(グレインフリー)が当たり前となってきています。
それはなぜかというと、猫ちゃんにとって穀物は必ずしも、必要ではないからなのです。

猫ちゃんは100%肉食動物なので、穀物を消化する酵素を持ち合わせていません。
しかし、激安キャットフードの原材料のほとんどを占めるものは、穀物(トウモロコシ、米、小麦、コーングルテンミール、パン粉)などです。
これらのものは材料代も安く、キャットフードの量を増やすことが出来るからです。

猫ちゃんによっては、穀物摂取により、胃腸障害やアレルギーが出ることもあります。
そのアレルギーを特定するために病院で検査をすると、高く付く上に正確に判断できないということもありますので、アレルギーになりやすい材料は避ける方が無難でしょう。

猫ちゃんがアレルギーになると、下痢や嘔吐、皮膚炎などが現れるので、注意してみてあげてくださいね。
少しでもそのような傾向があれば、今与えているフードの原料を疑ってみましょう。

メインであるはずの肉・魚が見当たらない?4Dミートもチェックして

完全肉食の猫ちゃんにとって、最も食べて美味しいと感じるのは、新鮮なお肉やお魚です。
少し値段の高いプレミアムフードと呼ばれるものには、ヒューマングレードという基準の原料が使われています。
これは、人間が食べられるレベルの素材ということです。

一方、激安キャットフードの中身には、肉類と曖昧に書かれた上に「ミール、肉粉、パウダー、副産物」という記載があります。
これはお肉の中でも美味しい部分を取り除いた、くず肉のような部位を加工したものです。

中には4Dミートと呼ばれる、死にかけていたもの、障害を持ったもの、病気にかかったもののなかで、人間の食べないような部位(クチバシや、とさか、糞、羽、血、ひづめ)を使っているケースもあるのです。

これらは原材料に記載されるわけではないので、肉類という曖昧な表示がされているキャットフードの場合は気をつけないとなりません。
このような粗悪な材料を使っていることから、激安キャットフードを作ることが出来るのです。

小さな猫ちゃんに迫る危険は添加物!着色料や防腐剤をチェック!

激安キャットフードには、赤や緑などの着色がされていて、とても美味しそうに見えるものがありますよね。
しかし、この着色料も、猫ちゃんにとっては全く必要のないものなのです。

これらの色は、飼い主さんがキャットフードを選ぶ際に、美味しそうと思わせるためのものでしかないのです。
赤色3号、青色1号、黄色5号などです。

その他、よく取り上げられる添加物に、酸化防止剤があります。
代表的なものに、エトキシキン、BHA、BHTなどがあります。

これらは人間に対しては、厳密に許容量が決められていますが、猫ちゃんに対しての許容量はとても緩く、人間に使用していい量の150倍の量が許されているものもあるのです。

人間に対しても体に良くない添加物を、小さな体の猫ちゃんが摂取することの恐ろしさを考えたことがあるでしょうか?激安キャットフードはこのような添加物を大量に使うことで、保存期間を長くして販売価格を安く抑えているのです。

国産だからって安全とはいえない!?製造国をチェックして

人間の食べるものでも、国産のものは安全で美味しい、というイメージがある私たちですが、キャットフードに関しては、必ずしも日本で作られたものだから、国産と表示されているわけではないのです。

キャットフードの添加物の基準が、人間に比べて曖昧なことと同じで、製造国の記載は、最終加工が日本であれば、国産と表記できるのです。
このことからも、製造していたのは実は韓国や中国で、最終的に加工したのが日本ということもあるのです。

そのために、プレミアムフードは欧米産のものが多く、信頼性も高いというわけです。

激安キャットフードの真実をしっかり把握しよう!

小さな時から大切に育てた猫ちゃんには、体に良いものを与えてあげたい。
それは飼い主さんであれば誰もが願うことでしょう。

しかし、多頭飼いをされている方などで、あまりに高いキャットフードだと、家計を圧迫してしまう…という場合、どうしても激安キャットフードを選ばざるを得なくなるかもしれません。

しかし、将来的に猫ちゃんが激安キャットフードのせいで病気になってしまったら、高額な医療費がかかってしまいます。
それを考えれば、毎月ほんの数千円の出費は仕方ないと思って、猫ちゃんの健康を優先して、良質なキャットフードを選んでくださいね。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る