ウェットキャットフードをあげてしまうとドライキャットフードを食べなくなるのか

最近のキャットフードは、ドライでもウェットでもとてもおいしそうな素材が使われていて、人間の目から見てもびっくりするようなものが多いですよね。

特に、ウェットキャットフードは、素材の見た目そのままということもあり、猫ちゃんの食いつきがとても良いことが知られています。

しかし、あまりにもウェットキャットフードにハマりすぎて、ドライキャットフードを食べなくなってしまう猫ちゃんもいるのです。
こうなるともう、ドライキャットフードは食べてくれないのでしょうか…?飼い主さんとしても不安ですよね?

そこで今回は、ウェットキャットフードをあげてしまうと、ドライキャットフードを食べなくなってしまうのか?もし食べなくなってしまったら、どのように解決したらいいのかをご紹介していきます。

ウェットキャットフードのおいしさは猫ちゃんにとってご褒美

子猫の時の離乳食に、ドライキャットフードをふやかしてあげたりしていた場合は、比較的そのまま素直にドライキャットフードを食べてくれるものです。
しかし、子猫の離乳食にウェットキャットフードを与えていた場合には、ドライフードに慣れさせるのが大変かもしれません。

その味を覚えてしまった猫ちゃんは、大人になってもドライキャットフードを食べてくれなくなる恐れがあります。
だからといって、食べなくなってしまったらもう一生食べてくれないのかというと、そんなことはないのです。

猫ちゃんだってお腹がすけば、食事をする必要がありますよね?そういう時に、ウェットキャットフードはもうないのだ、と思い込ませてしまえば、いずれ食べる時が来ます。

しかし、もう少し簡単に、ドライキャットフードを食べてくれる方法を考えてみましょう。

ドライキャットフードを食べさせる方法

ドライキャットフードの種類を変えてみる

今やスーパーのペットフード売り場には、実に様々な素材を使ったフードが販売されています。
それは猫ちゃんの場合も例外ではありません。
毎日ドライキャットフードを与えているのに、飽きてしまって突然食べなくなってしまった…。

そういうときは、もしかしたら同じ味に飽きてしまったのかもしれませんよ?一度他の種類のドライフードを与えてみて、様子を見てみるのも良いのではないでしょうか。

スーパーなどで売られているフードは、穀物や添加物などが不安で買いたくない、と思われている飼い主さんは、プレミアムフードを選ぶと良いでしょう。
プレミアムフードの中でも、様々な種類がありますよ。
スーパーに置いてあることはほとんどないので、ペットショップや通販で、是非探してみましょう。

ウェットキャットフードの中にドライキャットフードを混ぜてみる

どうしてもウェットキャットフードの味にハマり、ドライキャットフードを食べてくれないときには、少しずつ、ウェットキャットフードの中にドライキャットフードを混ぜてみてはいかがでしょうか?
初めはほんの少しずつ、だんだんドライキャットフードの量を増やしていけば、そのうち、ウェットキャットフードの量を減らしても、食べてくれるようになります。
根気よく続けることが大切です。

思い切ってドライキャットフードのみを与えてみる

今まで、ドライキャットフードとウェットキャットフードの両方を与えていた場合には、猫ちゃんにとっては、ウェットキャットフードの嗜好性が高いために、どうしてもそちらばかりを食べてしまうこともあります。

そのために次第に、ドライキャットフードを食べなくなってしまったときは、思い切って、ドライキャットフードのみを与えてみるのもいいでしょう。
どんなにグルメな猫ちゃんであっても、お腹がすけばあるものを口にするようになります。

ただし、頑としてドライキャットフードを口にしなくて、痩せ細るようなことがあれば、無理強いはしないで、ウェットキャットフードを与えるようにしてください。

猫ちゃんの健康のためにはドライキャットフードが適切です

ウェットキャットフードは、素材そのものの形や風味が味わえるために、どうしても猫ちゃんの好みは、ウェットキャットフードに偏りがちです。
しかし、ドライキャットフードは総合栄養食であり、硬いものをしっかり噛んで食べることで、顎を鍛えることにもなります。

また、少し大きめの粒のドライキャットフードであれば、歯磨きの代わりになり、歯の病気の予防にもなるので、出来るだけ、ドライキャットフードを食べさせてあげられるように、色々工夫してみることが大切です。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る