酸化したキャットフードは危険!?猫ちゃんに与えた時に出る影響とは?

ドライキャットフードは封を開けた瞬間から劣化と呼ばれる酸化現象が進んでいきます。

ドライキャットフードが酸化すると、湿気ることにより、独特の食感であるカリカリ感が失われ、猫ちゃんが美味しさを見極めるのに重要な、香りも薄くなってしまいます。

このことから、猫ちゃんの食いつきが悪くなることがありますが、それ以上に心配なのは、酸化したフードを猫ちゃんが食べることによる、健康被害です。
今回はどんな影響を与えるのかを見ていくことにしましょう。

ドライキャットフードが劣化するとどのような現象が起こる?

猫ちゃんの主食として、ドライキャットフードを利用している飼い主さんは多いことでしょう。
しかし、いつもはとても食いつきの良いそのフードに対して、猫ちゃんが突然食いつかなくなったら、ドライキャットフードの劣化が始まっているかもしれません。

ドライキャットフードが劣化すると、香りが飛んで薄くなったり、湿気てカリカリ感が少なくなり、歯ごたえがなくなったりします。
猫ちゃんはニオイによって美味しいものか、まずいものかを見極めるので、ニオイが薄くなったフードは食べなくなる可能性があります。

ドライキャットフードの酸化で猫ちゃんに影響する健康被害

このような劣化の中でも特に気をつけたいのが、酸化です。

特にドライキャットフードは高タンパク、高脂質のため、脂質が空気と化合して酸化しやすいフードです。
酸化したフードを猫ちゃんが食べると、まず、嘔吐や下痢を引き起こします。
その他にもアレルギー症状や重篤な病気にかかってしまう可能性もあります。

酸化したキャットフードを食べ過ぎると、猫ちゃんの体内で、異物を排出したり免疫力を高めたりする役割の白血球の一種であるマクロファージが、増えすぎた過酸化脂質のために、排出する作業が追いつかなくなります。
そのまま放っておくと、みるみる血管内に悪玉コレステロールが増えて動脈硬化を促します。

そのため酸化したキャットフードを食べ続けると、老化の速度も速まります。
細胞内のDNAを傷つける物質が生成され、ガンの原因ともなるのです。
つややかだった被毛や皮膚が荒れる原因ともなります。

このように酸化したキャットフードを与えることは、毎日の食事で猫ちゃんの健康被害をどんどん招いていることになってしまうのです。

ドライキャットフードの賞味期限は1ヶ月!酸化対策はぬかりなく

ドライキャットフードの賞味期限は、封を開けてから1ヶ月とされています。
この間にもどんどん酸化は進んで行ってしまうので、これを防ぐためにも、適切な保存方法を学び、出来るだけ新鮮なフードを、猫ちゃんに与えられるようにしてくださいね。

いつも喜んで食べていたキャットフードを急に食べなくなり、食いつきが悪くなったら要注意です!そのキャットフードは酸化が酷くなっているかもしれませんので、すぐさま違うフードに飼える勇気も大切です。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る