市販のキャットフードに一工夫!猫ちゃんに飽きずに食べて貰う方法とは?

猫ちゃんも毎日同じキャットフードを食べていると、飽きてくることがあります。
そんな時はそのまま与え続けると、毎日残すこととなってしまい、そのうち全く食べなくなるかもしれません。

だからといって、急に他のフードに変えたりするとお腹の調子が悪くなって下痢をしたり便秘になったりしがちです。
そんなことにならないように、今まであげていたキャットフードにちょっとした工夫をして食べて貰う方がいいですよね?

今回は、市販のキャットフードに一工夫することで、猫ちゃんが飽きずに食べてくれる方法をご紹介していきます。

猫ちゃんだって同じフードに飽きることはあります

猫ちゃんに毎日与えるキャットフードは、総合栄養食と呼ばれるドライキャットフードを与えている飼い主さんも多いことでしょう。
総合栄養食であれば、そのフードとお水だけ与えておけば、猫ちゃんに必要な栄養素がしっかり摂れるので大変便利です。

しかも、現在では色々な風味のフードが販売されていますし、上手にローテーションしてあげていれば、猫ちゃんも喜んで食べてくれることでしょう。
しかし、猫ちゃんは気まぐれな動物ですので、突然飽きて食いつきが悪くなって食べなくなることがあります。

そんな時に焦って全く違う種類のフードをあげることは、猫ちゃんにとっていいことではありません。
猫ちゃんは環境の変化を嫌う動物なので、突然違うキャットフードを与えると体調を崩したり、全く食べてくれなくなったりします。

そんな時には、今まであげていたフードにちょっとした工夫をすることで、うまく食べてくれるようになります。
その方法を見ていくことにしましょう。

ドライキャットフードにおやつ的なものをトッピングしてみる

基本的に猫ちゃんの主食として利用されている総合栄養食は、ドライキャットフードがメインです。
ドライキャットフードとウェットキャットフードでは食いつきが違うように、ドライキャットフードは、猫ちゃんにとって飽きやすいフードです。

そんな時には、猫用の削り節をトッピングすることをオススメします。
今はネットで探してみると、削り節でもさまざまな素材のものが見つかります。

私たちがよく知るかつお節の他にも、イワシや鮭、サバなどがあります。
このときに気をつけたいのが、削り節をあげるときには、必ず猫用のものを与えるということです。
人間用のものは塩分が強いので避けるようにしてください。

そして、トッピングするときは、ただドライキャットフードの上にかけるのではなく、しっかり混ぜるようにすることが大切です。
器用で頭のいい猫ちゃんは、削り節だけを食べて、肝心なドライキャットフードの方を食べないこともあるからです。

嗜好性が高く食いつきのいいウェットキャットフードを利用しよう

どんな猫ちゃんでも、生の食材の食感に近い嗜好性の高いウェットキャットフードはよく食べます。
これを利用して、ドライキャットフードにトッピングしてみるのもオススメの方法です。

ウェットキャットフードをトッピングするときも、やはりよく混ぜることが重要です。
ただし、猫ちゃんの中には混ぜられると余計に食べなくなることもありますので、そのようなときには、ドライキャットフードの下に敷く感じで入れてあげるとうまく食べてくれます。

慣れてきたら是非チャレンジしたい!手作りごはんをトッピング

市販の材料をトッピングすることになれてきたら、新鮮で質にこだわった手作りごはんをトッピングしてみてもいいでしょう。
基本的にはお肉やお魚、野菜を細かく切ったものを茹でたもので大丈夫です。

猫ちゃんによって生の食材が好きだったり、茹でたものや焼いたものが好きだったりとさまざまな好みがあります。
トッピングに挑戦する前に、食材一つ一つを細かく切ったものを茹でて与えてみてください。
どんな食材なら食いつきが良いのかわかってくるはずです。

簡単レシピ鶏肉と野菜の茹で和え

お好みのお肉(ささみや鶏もも、胸肉など)とにんじん、かぼちゃ、ブロッコリーを細かく切ったもの(一般的にはキャットフードと同じ大きさ)を昆布だしで茹でます。
人肌に冷ましてあげましょう。

お魚と野菜の簡単和え物

お魚(白身魚がオススメです)とキャベツやブロッコリー、シメジ、人参などを細かく切ったものを用意したら、野菜だけ茹でて人肌に冷まします。
そこに生のお魚を和えましょう。
生が苦手な猫ちゃんには茹でたものや焼いたものでも大丈夫です。

くず粉や片栗粉を使って、とろみをつけると猫ちゃんの食いつきが良くなることもあるので試してみるといいでしょう。
猫ちゃんによってペースト状のものが好きな場合は、材料をミキサーにかけてペースト状にしてみてください。

手作りご飯をトッピングする上での注意点

手作りのご飯をトッピングするときには、必ず猫ちゃんが食べてはいけないものをチェックしておきましょう。
ネギ類(タマネギ、長ネギ、ニラ、にんにく、らっきょう)アボカド、ブドウ、レーズンなどです。
また、基本的に味付けも必要ありません。
人間用の味付けは猫には味が濃すぎるため、塩分過多になり、腎臓に負担をかけてしまいます。

ドライキャットフードにトッピングするときの注意点

猫ちゃんはマタタビに目がないので、トッピングの材料として利用する飼い主さんも居るかもしれませんが、これはあまりオススメできません。

マタタビは猫ちゃんの中枢神経に作用して麻痺させ、興奮状態にするので、猫ちゃんによってはアレルギーを起こしたり呼吸不全になったりします。
特に子猫やシニア猫に与えるのは危険です。
心臓が弱い猫ちゃんにも与えないようにしてください。

その他、猫ちゃんの好きなものとしてカニカマやちくわ、ハムなどを与えたらどうかと思うかもしれませんが、これも人間の食べるものは与えてはいけません。
塩分やカロリー過多になる恐れがあるからです。

カニカマなどは猫用のものがあるので、そのようなものを与えるようにしてください。

市販のキャットフードも工夫次第でごちそうに!

プレミアムキャットフードのように、猫ちゃんの身体のために良いと思えば、どうしても毎日同じフードを与えることになってしまいますよね?しかし、猫ちゃんも私たち人間と同じように、同じフードばかりだと飽きて食べなくなることがあります。

そんな時には慌てて突然違うフードに変えるのではなく、身近にあるおやつなどをトッピングすることで、今までと変わりなく食べてくれることもありますので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る