猫の下痢が治らないときの正しいキャットフードの与え方

猫ちゃんが突然下痢になってしまった!
飼い主さんとしてはとても心配ですよね?
猫ちゃんが下痢になる原因は、色々あるので、つい何がいけなかったのか考えてしまうかもしれません。

病気になったのかも?と考えるその前に、まずは日常的に与えているキャットフードを疑ってください。
猫ちゃんの体調によっては、いつも食べているキャットフードが下痢を引き起こす原因となることもあるのです。

今回は、猫ちゃんの下痢が治らないとき、どのようにキャットフードを与えたらいいのかをご紹介していきます。

猫ちゃんが下痢になる原因としてキャットフードがあげられるとき

猫ちゃんは体調不良や免疫が下がっている時などに、いつも食べているキャットフードでも下痢をしてしまうことがあります。
いつも食べているのになぜ?と思いますよね?
元々与えていたキャットフードに、穀物や添加物が多く含まれていた場合や、キャットフードに含まれている原料が原因で、猫ちゃんが食物アレルギーを起こしている場合があげられます。
次からは、それぞれの理由について、見ていくことにしましょう。

いつも与えていたキャットフードに、穀物や添加物が多く含まれていた場合

市販で販売されている安価なキャットフードの場合、コスト削減のために穀物を多く使用しています。
穀物を多く使うことで、カサ増しをすることが出来るからです。
本来猫ちゃんは、肉食動物なので、お肉やお魚が食事の主体でなければならないのです。
多量の穀物は、消化不良や胃腸障害になる可能性が高いです。
また、穀物は食物アレルギーを引き起こしやすいといわれています。
このようなことが、下痢の原因と考えられます。

また、人工香料や着色料が多く含まれている場合も、体力が落ちている猫ちゃんにとっては、いつも以上に大ダメージです。

特にこれらの添加物は、発がん性があるともいわれているので、出来るだけ添加物を含まないキャットフードを与える必要があります。

下痢がいつまでも治らないときは…?

あまりに酷い水便が1日以上続いているときや、下痢と一緒に嘔吐や食欲低下、体調不良などが起きるときには、迷わず動物病院を受診してください。

そこまで酷くない下痢の場合は、普段のキャットフードを消化吸収の良いものに変えることで解決することもあります。
消化器サポートなどの療法食がありますので、獣医さんの指導のもと、選ぶようにするといいですね。

また、キャットフードの食べ過ぎというのも原因の一つとして考えられますので、猫ちゃんの様子をよく見て、食べすぎによるものであるならば、キャットフードを与える量にも気をつけましょう。

基本的に、下痢が治らない状態の時には、猫ちゃんの食欲も落ちていることが多いので心配はいりませんが、予防策として覚えておくといいでしょう。

便は健康のバロメーター、下痢になったら食べ物を疑おう

いつもは元気な猫ちゃんが、急に元気がなくなり水便をしているのを見たら心配になりますよね。
便の状態は、猫ちゃんの健康のバロメーターです。
トイレは常にチェックして、下痢をしているようであれば、いつも与えているキャットフードを疑ってみましょう。

猫ちゃんの食いつきがいいからと、よかれと思って与えていたキャットフードが、下痢の原因となっているかもしれないのです。
猫ちゃんに辛い思いをさせないように、普段から与えるキャットフードは、良質なものを選びたいものですね。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る