猫の好みに合わせたキャットフードはどう選べばいい?

大切な猫ちゃんには、猫ちゃん好みの美味しいキャットフードを与えたいですよね?子猫の時から同じキャットフードを食べていて、その味を気に入ってくれていればいいのですが、成猫になるにつれて、だんだん同じ味のキャットフードを食べてくれなくなることもあります。

そんな時、猫ちゃん好みのキャットフードはどうやって選べばいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。
そこで今回は、グルメな猫ちゃんの好みに合わせたキャットフードの選び方をご紹介していきます。

猫の好みに合わせたキャットフードの選び方

キャットフードにはドライキャットフードとウェットキャットフードがありますが、基本的にはドライキャットフードを選ぶようにしましょう。

ドライキャットフードは総合栄養食といわれていて、フードとお水さえあれば猫ちゃんに必要な栄養素が十分に取れるように作られています。
これを踏まえて、猫ちゃんの好みのキャットフードの選び方をご紹介します。

お肉とお魚のどちらが好きか見極める

猫ちゃんは肉食動物なので、基本的には動物性タンパク質の摂れるお肉が好きなことが多いです。
しかし、中にはお魚が好きでお肉はあまり好きではない猫ちゃんもいます。

それを見極めるためには、お肉とお魚が使われているフードを少しずつ与えて様子を見てみるのもいいでしょう。
その時に、お肉だけのものとお魚だけのもの、お肉とお魚がミックスされているものなどを与えてみるとわかりやすいです。

全年齢用のキャットフードを選んでみる

猫ちゃんにライフステージ別のキャットフードを与えていると、年を重ねて行くにつれてだんだん好みが変わってきたときに対応しきれません。
猫ちゃんの好みが分かりにくい時は、全年齢用のキャットフードを選んでみるのも一つの方法です。

全年齢用のキャットフードは、子猫からシニア猫まで全ての年齢に対応していて、市販の安いキャットフードと比べても、高品質なキャットフードが多いです。
子猫の時から同じフードを与えていると、変化に敏感な猫ちゃんでも受け入れられやすいという点が挙げられます。

また、多頭飼いの場合でも、全ての猫ちゃんに対応できる点が便利で、それぞれの猫ちゃんごとにフードを分ける手間もかかりません。

どうしても食べてくれないときはどうしたらいい?

様々な種類のドライキャットフードに変えても食べてくれないときは、ドライキャットフードの上にウェットキャットフードや削り節、かにかまなどの嗜好品を少量トッピングするなどの工夫をすると、それまでのドライキャットフードでも喜んで食べてくれることがあります。

また、猫ちゃんはニオイによっておいしいものかどうかを嗅ぎ分けるので、ドライキャットフードをお湯やスープでふやかして与えたり、電子レンジで少し温めて与えたりすると、ニオイがたって食べることもあります。

猫ちゃんのムラ食いと味の好みは別問題

キャットフードを与えたときに、一気に食べてしまう猫ちゃんもいれば、少し食べてどこかへ行ってしまったかと思うと、しばらくしてまた戻ってきて再び食べている…という猫ちゃんもいます。

このようなムラ食いをする猫ちゃんの場合、少ししか食べなかったからといって、このキャットフードは好みじゃないのかしら、と考えるのは間違えています。

このような猫ちゃんの食べ方に振り回されて、いろいろなキャットフードに頻繁に切り替えるのは問題です。

猫ちゃんの行動を一日中ずっと見張っていることはできないかもしれませんが、キャットフードを与えて少ししか食べなくても、最終的になくなっているようなら心配はいりません。

本当に好みではないフードの場合、頑固な猫ちゃんは意地でも食べないことが多いからです。

猫ちゃんの好みのキャットフードへ切り替える方法

現在スーパーやホームセンターでは、さまざまなタイプのキャットフードが販売されています。
可愛い猫ちゃんのために、美味しいフードを与えたいと考える飼い主さんにとっては、悩んでしまう問題の一つでしょう。

猫ちゃんのために良質なキャットフードの知識を得たときに、すぐにでもキャットフードを切り替えたいと思う気持ちはよくわかります。
しかし、子猫の時に市販の安価なキャットフードを与えてしまうと、中々良質なキャットフードに切り替えるのは難しいです。

猫ちゃんの健康の為にいいキャットフードだからといって、必ず猫ちゃんが気に入る味かというとそうでもないことも多いです。

それでも切り替えたいと思う場合、それまでのキャットフードに10%ずつ新しいフードを混ぜ込み、1日ずつ割合を増やしていき、1週間程度かけて根気よく変えていく必要があります

まとめ

猫ちゃんの中にはお肉が好きだったりお魚が好きだったりと、好みがハッキリと現れる子もいます。
お肉メインのキャットフードをあまり食べなかったのであれば、お魚のキャットフードを与えるという方法で、好みのキャットフードを選ぶ方法もあります。

しかし、全てのライフステージに対応した全年齢用のキャットフードであれば、比較的猫ちゃんの好みに合いやすく、切り替える手間も省けるので、一度試してみるといいでしょう。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る