猫ちゃんの歯垢・歯石は防げるの?デンタルケアできるキャットフード

大切な愛猫のデンタルケア(歯のお手入れ)はどうしていますか?
猫は基本的に虫歯にならないとは言われていますが、普段食べさせるキャットフードによっては、歯垢や歯石がつきやすくなり、人間と同じ歯の病気にかかってしまうこともあります。

そこで今回は、猫ちゃんのためのデンタルケアに一役買ってくれる、キャットフードについてみていくことにしましょう。

猫だって歯の病気になる!その原因とは?

今では人間も穀物やお肉など何でも食べるようになっていますが、はるか昔の古代では、穀物をメインに食べる生活を送っていました。
そのため、人間の歯は、穀物が食べやすいような形状となっています。

しかし猫ちゃんの場合は、だれもが知っているように肉食系の動物ですので、穀物よりもお肉を食べやすい歯の形状となっています。
このように人間と猫ちゃんの歯の構造は違うため、猫ちゃんは虫歯にならないといわれています。

しかし、だからと言って放っておくと猫だって歯垢や歯石がつき、人間の歯のトラブルの代表ともいわれる歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏になってしまうのです。

そもそもどのようにして歯垢や歯石がついてしまうのか?

歯垢や歯石がつく原理は、人間も猫ちゃんも同じです。
食べ物のカスが歯についてしまうと、口の中の雑菌が、そのカスを餌にどんどん増えていってしまいます。
そして歯に歯垢を作ってしまうのです。
その歯垢に、唾液の中のカルシウムが結合することで歯石ができるという原理です。
これがとても落ちにくい汚れとなってしまうのです。

この汚れを放っておくと、歯肉に炎症が起きたりして、歯肉炎や歯周病・歯槽膿漏になってしまうわけです。
こうなると、猫ちゃんも痛みを感じて満足にエサが食べられなくなってしまいます。
では、どうしたら猫ちゃんの歯垢や歯石を取ることができるのでしょうか。

猫ちゃんの歯垢・歯石ケアは普段食べているキャットフードにカギが!

猫ちゃんのデンタルケアをしよう!と思って実際に猫の歯を磨いてあげたことがある方ならよく知っていると思いますが、中々大人しく歯磨きをさせてくれません。
そこで思わず挫折しそうになりますが、猫ちゃんの歯のケアはお手入れをする以外にも、簡単にできる方法があるのです。
それがいつも食べているキャットフードです。

あなたの猫ちゃんにはどんなキャットフードをあげていますか?猫ちゃんの食いつきがいいからと言ってやわらかいウェットフードばかりあげていませんか?

猫の歯垢や歯石は、エサが柔らかければ柔らかいほどつきやすくなるのです。
そこで便利なのが一般的にカリカリと呼ばれているドライフードです。
ドライフードにもさまざまな種類がありますが、よく探してみると「デンタルケア用のキャットフード」というものが売られています。

どうしてデンタルケア用のキャットフードがいいの?

デンタルケア用として売られているキャットフードはいずれもドライタイプです。
ドライフードは固いので、食べているうちにどんどん唾液が出てきます。
先にお話ししたように、猫ちゃんにも歯垢や歯石がついてしまうのですが、唾液の多い猫は比較的歯垢や歯石がつきにくいといわれているのです。

デンタルケア用のキャットフードは粒の大きさが、通常の倍以上あります。
手のひらの上に立てることができるほどです。
これくらいの大きさのドライフードであれば、猫ちゃんも食べるのに時間がかかり、しっかり噛まないとならないので、そこで歯が自然と磨かれるというわけですね。

歯垢・歯石のケアは安いキャットフードでも大丈夫?

猫ちゃんの歯垢・歯石ケアに、デンタルケア専用のキャットフードがいいことはわかりました。
でも、毎日あげるとかなりお金がかかってしまいます。
では、普通に売られているドライフードではだめなのか?というと、そんなことはありません。

ウェットフードばかりをあげるよりは、よほど歯垢・歯石ケアになります。
また既に歯の病気になってしまった猫ちゃん以外で、ケア目的だけであれば、おやつ感覚であげられるデンタルケア用のキャットフードもあります。
普段は普通のドライフードをあげ、おやつの時に、そのデンタルケア用のキャットフードを上げるという方法でも十分でしょう。
あなたに無理のない方法で、愛猫ちゃんの歯のケアをしてあげてくださいね。

猫ちゃんの歯垢・歯石は防げる!キャットフードでデンタルケアしよう

猫ちゃんの口の中を、しっかり見てあげたことがある方は少ないかもしれません。
いつもたくさん餌を食べているから、歯の病気になんてかからないでしょ?などと侮ることなかれ。
可愛いからとついつい食いつきのいいウェットフードをあげ続けて、歯垢や歯石がついてしまっているかもしれません。

猫ちゃんは自分で歯磨きができません。
まずは、普段食べているキャットフードを見直してみて、大切な猫ちゃんの歯を飼い主であるあなたが、しっかり守ってあげてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る