猫が必要なキャットフードの分量と計り方を知っておこう

あなたは猫ちゃんに与えるキャットフードを、どのくらいの量与えていますか?
猫ちゃんがもっと欲しいとオネダリするからと、欲しいだけ与えたりしていないでしょうか。

猫ちゃんも子猫の時には成猫の時の3倍の量が必要なので、基本的には欲しがるだけ与えて構いません。
しかし、成猫になったら、猫ちゃんが必要な量を把握して、正しく計量して与える必要があります。

今回は、猫ちゃんに最適な量を与えるための、キャットフードの計り方をご紹介していきます。

猫ちゃんが必要なキャットフード一日の分量は?

成猫の場合、一日に必要なカロリーが70~80kcal/kgと言われています。
体重5kgの猫ちゃんであれば、350~400kcalということですね。
この分量を与える回数で割ったものが、一回のキャットフードの分量です。

キャットフードのパッケージの裏面には、一般的な猫ちゃんの給餌量が記載されているので、基本的にはその分量を与えればいいのですが、人間と同じように猫ちゃんも、食欲旺盛だったり、食が細かったりするのです。

そのため、それぞれの猫ちゃんに合った分量を与える必要があります。
まずはパッケージの裏面に記載されている量を与えてみて、それで残すようなら少なめに、早々と食べてしまうようなら少し多めに与えるといいでしょう。

しかし、多めに与えるときには肥満にならないように気をつけましょう。
日々、猫ちゃんの体調を観察し、便の状態なども健康のバロメーターになりますので注意してください。

猫ちゃんに必要な分量のキャットフードの計り方とは?

猫ちゃんに必要な量がわかったら、毎日その分量を正しく計り与える必要があります。
ドライキャットフードを計る上で便利なものは、計量カップです。

これは100均で売っているような普通の計量カップで構いません。
猫ちゃんが必要な分量の所にマジックで線を引いておけば、正しい分量を与えることが出来る上、キャットフードをすくう役割もするので大変便利です。

その他にも、計量カップはフード専用のものもあります。
これは透明なカップにグラム表示で線が引いてあるので、一目で与える量がわかります。

普通の計量カップだとccやmlで表示されているので、フードを計る上ではわかりにくいのですが、このタイプならハカリで計らなくてもグラム数がわかるところが便利です。

もっと正確にしっかり計りたいという場合は、デジタル計量カップが使いやすいでしょう。
これはフードだけではなく食材の計量も出来るので、一つは持っておくといいですね。

猫ちゃんの健康管理のためにも、キャットフードは正しく計ろう

猫ちゃんが欲しがるだけ与えたり、目分量で与えたりしていると、知らぬ間に猫ちゃんの健康を害する恐れがあります。
特に、与えすぎは下痢や嘔吐の原因にもなりますし、勿論肥満になる恐れも考えられます。

猫ちゃんは自分でキャットフードを食べる量を調整できないので、飼い主さんがしっかりと管理をしてあげないとなりません。
今まで適当に与えていた飼い主さんは、是非、猫ちゃんに必要な正確な分量を知って、正しく計るようにしてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る