キャットフードの原材料(動物性油脂と植物性油脂)

大切な猫ちゃんの食事であるキャットフードの原材料は、知っているようで知らない原材料が使われていることがたくさんあります。
猫ちゃんの栄養素として避けられないものに脂質がありますが、キャットフードの原料に使われている「動物性油脂」とは関係あるのでしょうか?

そこで今回は、猫ちゃんにとって必要な脂質とは何なのか、キャットフードの原材料に使われている「動物性油脂」と「植物性油脂」との違いをご紹介していきます。

キャットフードにはなぜ油脂が使われているのか?

キャットフードの原材料には「動物性油脂」と「植物性油脂」があります。
動物性油脂は、牛脂、豚油、鶏油、魚油などで、植物性油脂は、菜種油やひまわり油、ごま油、パーム油などです。

これらの油脂は猫ちゃんにとってのエネルギー源となり、必須脂肪酸を摂り入れるのに大切な原材料です。
また、キャットフードの表面にコーティングすることによって嗜好性を高め、猫ちゃんの食いつきをよくする役割を担います。

猫ちゃんにとって必要な脂質とは?

動物性タンパク質と同じく脂質は、猫ちゃんにとって消化吸収のいい成分であり大切なエネルギー源となります。
そして体内で合成できない脂肪酸は食事から摂り入れる必要があり、それを必須脂肪酸と呼びます。

猫ちゃんにとって必要な脂肪酸は、リノール酸、αリノレン酸、EPA、DHAで、いずれも植物性油脂や魚油に多く含まれています。
またアラキドン酸はお肉を食べることで摂取することができます。

●リノール酸
ほとんどの植物性油脂に入っている脂肪酸で、猫ちゃんの被毛の水分量を保ち艶のある毛並みにする効果が期待できます。
しかし過剰摂取はアレルギーの原因となるので、αリノレン酸とのバランスが大切で、リノレン酸の比重の方が多いのが理想とされます。

●αリノレン酸
EPA(エイコサペンタエン酸)の前駆物質で、猫ちゃんの免疫機能を正常に保ち、炎症を抑える働きがあります。
そのため、リノール酸の摂りすぎによるアレルギーを防ぐといわれています。

●アラキドン酸
EPA(エイコサペンタエン酸)の前駆物質で、猫ちゃんの繁殖機能の補助や美しい毛並みを保つ働きがあります。
アラキドン酸は植物から摂取するのは難しく、そのほとんどが、お肉やお魚、卵などから摂取できます。

●EPA・DHA
EPAはエイコサペンタエン酸、DHAはドコサヘキサエン酸の略称で、魚油に多く含まれる脂肪酸です。
血液をさらさらにする役割や、細胞膜や神経組織の構成や発達、皮膚のトラブルを防ぎ、毛艶のあるきれいな毛並みを保つ働きがあります。

動物性油脂の危険性について

一般的にキャットフードに使われている「動物性油脂」は、なんの動物の油が使われているかが不明です。
詳細な表示がないので、病気の動物の油が使われている可能性も考えられます。

そして、動物性油脂は酸化や劣化がとても早いので、動物性油脂が使われているキャットフードには酸化防止剤や保存料などの添加物が使われていることが多いのです。
しかも、動物性油脂に使った添加物は表示の義務がないというのですから怖いですね。

このように酸化した上に、有害な添加物が添加された油脂の入ったキャットフードを猫ちゃんが食べることによって、嘔吐や下痢、消化不良や口臭の悪化、内臓の病気にかかりやすくなるなどの恐れがあります。

良心的なキャットフードには、動物性油脂と記載された横にカッコで油脂に使われた添加物が記載されています。
何も書かれていない「動物性油脂」の使われているキャットフードは、猫ちゃんにとって安全な食事とはいえません。

植物性油脂は安全なのか?

キャットフードに使われている植物性油脂には、菜種油やひまわり油、大豆油やオリーブ油、亜麻仁油などが使われています。

その特徴として、動物性油脂よりも酸化・劣化が遅い点が挙げられます。
そのため保存料や酸化防止剤を使う必要がありません。
しかし、植物性油脂でも注意したい点があります。

●高温で圧縮して作られた植物性油脂
高温で圧縮すると、作る過程でビタミンやミネラルが失われる恐れがあります。
さらにこの場合は有害な薬品を使うことも多いため、残留薬物が猫ちゃんの健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。

また、最終的に酸化防止剤を使うことにもなるので、結果として植物性油脂なのに、動物性油脂が使われているのと変わらなくなってしまいます。
そのため熱を加えないで作る冷圧法で油を抽出する方法がいいとされています。

まとめ

猫ちゃんのエネルギー補給のためにも脂質は欠かせない成分であり、キャットフードにも動物性油脂が使われていることが多いです。
しかし、詳細な表示のない動物性油脂の場合は、何の動物の油が使われているかもわからず、酸化防止剤や保存料がたくさん使われている可能性があります。

しかも、油脂を生成する際に使われた添加物は表示の義務がありません。
良心的なキャットフードには、動物性油脂の横に添加物の名前が記されているので、そのようなキャットフードを選ぶか、明確な表示のある植物性油脂が使われているものを選ぶようにしましょう。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る