キャットフードの添加物(BHA・BHT・没食子酸プロピル)を知っておこう!

私たちが食べる食品はもちろんのこと、キャットフードであっても添加物が大量に使われています。
添加物自体は食品を細菌や腐敗から守ったり、長く日持させたりするのに大変便利なものです。

しかし、私たちに比べて身体の小さな猫ちゃんは、日々添加物の使われたキャットフードを食べ続けることによって、体の中にどんどん蓄積されていきます。
その結果、重篤な疾患を引き起こすこともあるのです。

そんな添加物の中でも、大変危険だといわれるBHA・BHT・没食子酸プロピルについてご紹介していきます。

1、猫ちゃんに危険な添加物BHA・BHT・没食子酸プロピルとは?

キャットフードは酸化しやすいものなので、酸化を防ぐために酸化防止剤が使われています。
この酸化防止剤の役割をするのがBHA・BHT・没食子酸プロピルです。

いずれも発がん性があるといわれている危険な添加物で、市販の大手メーカーのキャットフードには含まれていることが多いといわれています。
次からはそれぞれの添加物にどんな目的があるのかを順にみていくことにしましょう。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

BHAはブチルヒドロキシアニソールの頭文字をとった略称で、キャットフードの酸化防止剤として使われていますが、もともと石油などの工業用油脂の酸化防止剤として用いられてきた添加物です。

殺虫剤としても使われていて、食品添加物としては、油脂やマーガリン、バター、魚介類の加工品に使用されています。

しかし、人間の食品でもBHAを使用していいのは限定的であり、少量なら使ってもいいとされています。
身体の小さな猫ちゃんが食べても安全かどうかは言い切れないでしょう。

また、ラットを使ったBHAの動物実験の結果では、発がん性が認められたといわれており、呼吸困難などの消化器系の疾患になりやすいとの報告がされていますが、実際にはありえないほどの量のBHAを投与した結果であり、安全な量であれば危険性はないとの報告もあります。

しかし、猫ちゃんがBHAの使われたキャットフードを食べると膀胱がんや甲状腺異常を引き起こす恐れがあるともいわれていて、危険性は無視できません。

BHT(ブチルヒドロキシトルエン)

BHTはブチルヒドロキシトルエンの頭文字をとった略称で、BHAと同じく酸化防止剤として使われていて、こちらも石油の酸化防止剤として用いられていました。

主に化粧品やゴム、医薬品、石油製品など、食品以外の添加物として使われています。
以前は人間の食品用の添加物にも使われていましたが、染色体の突然異変、奇形を引き起こす可能性があると報告されたことから、現在は食品に対してはほとんど使われていません。

キャットフードには150ppm以下であれば使っていいことになっていますが、BHTを使ったキャットフードを猫ちゃんが食べ続けた場合、毛が抜けやすくなったり痩せやすくなったりする症状が出ることもあると報告されています。

没食子酸プロピル

没食子酸プロピルは「ぼっしょくしさんぷろぴる」と読み、酸化防止剤であるBHAやBHTよりも強力な酸化防止剤で、バターやマーガリンなどの油脂類に使われる添加物です。

ラットを使った動物実験の結果では、腎臓にダメージを与えて病気を引き起こす恐れや、DNAや肝臓の損傷の恐れがあるといわれています。

しかし、この実験も人間に与える量の数百倍の濃度の没食子酸プロピルを与えた結果ともいわれていて、即座に危険とは言い切れないともいえます。

まとめ

BHA・BHT・没食子酸プロピルなどの酸化防止剤は、人間に対しては食品添加物としては使われていないことも多いです。
使われているとしても厳密に基準が決められていて、安全性は確認されています。

キャットフードの添加物に対しても、一日の摂取許容量の範囲内と決められてはいます。

しかし、キャットフードの酸化防止剤の中には、天然由来のもの(ローズマリーや緑茶の抽出液)がありますので、そのような酸化防止剤を使っているキャットフードを選ぶ方が、安心して与えられるのではないでしょうか。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る