キャットフードの添加物(アスコルビン酸・クエン酸・ローズマリー抽出物)とは?

キャットフードが酸化するのを防ぐための添加物に、酸化防止剤があります。
この酸化防止剤は、キャットフードに含まれている脂質が、空気に触れることで酸化することを防ぐ働きがあります。

酸化防止剤には化学成分由来のものと天然成分由来のものがあります。
化学成分由来の酸化防止剤でよく知られている「エトキシキン・BHA・BHT」は猫ちゃんの健康を害する恐れがありますが、天然成分由来の酸化防止剤は添加物として使用されていても安全なものです。

今回は、そんな天然成分由来の酸化防止剤のうち「アスコルビン酸・クエン酸・ローズマリー抽出物」についてご紹介していきます。

1、アスコルビン酸・クエン酸・ローズマリー抽出物は酸化防止剤

キャットフードの酸化防止剤として危険な添加物として、エトキシキンやBHA、BHTがありますが、これらの添加物は猫ちゃんの健康を害することが知られていて、特に発がん性について問題視されています。

猫ちゃんは完全な肉食動物のため、キャットフードには動物性タンパク質が必要ですが、その他、脂質も大切な栄養素です。
しかし、この脂質が空気に触れることによって酸化という現象が起きてしまいます。

酸化は猫ちゃんの体のためによくないもので、下痢や嘔吐を引き起こしたり、動脈硬化の原因になったりします。
そのためにどうしても酸化防止剤が必要となるのです。

しかし、中には天然成分由来の酸化防止剤もあります。
それが、アスコルビン酸・クエン酸・ローズマリー抽出物です。
一つずつ見ていくことにしましょう。

2、アスコルビン酸とは?

アスコルビン酸とは水溶性ビタミンの一種ビタミンCのことです。
ビタミンCは猫ちゃんの体内で作り出すことができるビタミンであり、キャットフードにも含まれているので、特別必要なビタミンでもありません。

しかし、中には病気のため肝臓でビタミンCを作り出すことができない猫ちゃんもいるので、その場合はサプリメントなどでキャットフードに添加する必要があります。

アスコルビン酸の働き

アスコルビン酸は抗酸化作用の強いビタミンEのサポートをすることで、抗酸化成分として働きます。
そのため、白血球を増やすことによる免疫力強化、加齢によっておこる酸化からの回復、関節炎の予防、コラーゲンの生成を促す、貧血や壊血病の予防などに役立ちます。

アスコルビン酸不足の弊害

アスコルビン酸は水溶性ビタミンCなので、過剰に摂取したとしても尿として排出されていきます。
そのため、過剰摂取による弊害はないとされています。
ただし、不足した場合はまれに貧血や神経麻痺がおこる恐れがあるといわれています。

3、クエン酸とは?

クエン酸は私たちもよく知っているように、柑橘類や梅干しなどのすっぱいものに多く含まれる成分です。
クエン酸は、アスコルビン酸などとともに酸化防止剤として役立ちますが、その他、保存料としても使われています。

クエン酸というとオレンジやレモンなどの柑橘類に含まれているイメージがありますが、サツマイモなどのでんぷんを発酵させて人工的に作り出すこともできます。
このように完全に天然由来の添加物なので、猫ちゃんの健康を害することもありません。

クエン酸の働き

クエン酸は体内でアルカリ性として作用するので、猫ちゃんの尿をアルカリ性にして尿酸を排出します。
そのため、猫ちゃんがかかりやすい疾患である尿路結石の予防になります。

また血液をサラサラにして血流を促すことから、動脈硬化や腎臓病の予防にも役立ちます。
その他痛風や、老化予防になることで健康的な皮膚や綺麗な毛並みを保つ効果も期待できます。

4、ローズマリー抽出物とは?

ローズマリー抽出物は誰もが知っているように、天然ハーブの一種ローズマリーから抽出した酸化防止剤です。
ツンとした独特の香りが森林浴を思わせる素敵な香りですね。

ローズマリー抽出物は化学成分由来の酸化防止剤であるBHTや、強い抗酸化作用を持つことで知られるビタミンEよりも強力な抗酸化作用があります。
そのため、酸化しやすいキャットフードに大変重宝されています。

ローズマリー抽出物の働き

ビタミンEにも負けない抗酸化作用は持続力に優れていて、免疫力を高め酸化による老化を防ぐだけではなく、新陳代謝を促進し、アレルギーや神経痛にも効果を発揮します。
また、キャットフードの香りや美味しさを保つ働きもあります。

ローズマリー抽出物の毒性についても、ラットによる実験の結果が報告されており、遺伝毒性検査、繁殖毒性検査いずれも安全性が確認されています。

まとめ

キャットフードの酸化を防ぐために酸化防止剤が使われることは仕方のないことですが、市販のキャットフードで見られるエトキシキンやBHA・BHTなどの化学成分由来の酸化防止剤は猫ちゃんの健康を害する恐れがあるので、できるだけ避けたいですよね?
そんな時には、今回ご紹介したアスコルビン酸、クエン酸、ローズマリー抽出物などの天然成分由来の酸化防止剤を使っているキャットフードを選ぶようにしたいものですね。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る