猫ちゃんの健康の為に!ウェットキャットフードのメリットとデメリット

大切な猫ちゃんに与えている食事には、いつもどんなキャットフードを与えていますか?猫ちゃんは肉食動物なので、やはり与えるとしたら生のお肉やお魚の入ったウェットフードにしている、という飼い主さんは多いのではないでしょうか?

確かに、猫ちゃんの食欲をそそる香りのするウェットフードは、食いつきがいいかもしれません。
しかし、毎日与えているウェットフードについてしっかり理解していますか?
今回は、キャットフードの中でもウェットフードのメリットやデメリットについてご紹介していきます。

メリット

ウェットフードの最大のメリットは水分量が多いこと

猫の先祖は砂漠地帯で暮らしていたので、たくさんの水を必要とはしません。
それでもおうちで飼っている猫ちゃんには、たっぷりのお水を与えてあげないと、腎臓や泌尿器系の病気など、重篤な病気になる可能性が高くなります。


特に水分量10%以下のドライキャットフードばかり与えている場合、水分摂取量が足りなくなる恐れが出てきます。
そんな時に便利なのが、ウェットフードです。
ウェットフードは水分量が75%程度含まれているので、お水をあまり飲まない猫ちゃんのための、水分補給の手助けをしてくれます。

猫ちゃんの大好きなお肉やお魚の食感を楽しめる

ウェットフードの素材はお肉とお魚なので、高たんぱく・高脂肪・低炭水化物です。
穀物の苦手な猫ちゃんにとって、低炭水化物は安心ですね。
また、お肉とお魚そのものの匂いが食欲を増進して大変食いつきがいいことがメリットです。

素材の形そのままのフレークタイプや、素材をペースト状にしたムースやパテ、水分量がさらに多いスープタイプなど様々です。
また、少量で小分けしてあるのでいつも新鮮な状態で与えることができます。

嗜好性が大変高いので、ドライフードが苦手な猫ちゃんには、ウェットフードをトッピングしたり混ぜて与えるなど、用途に応じて色々利用できるところが便利です。
低カロリーのものを利用すれば、猫ちゃんのダイエットもストレスなく行うことができる優れものです。

開封前であれば長期保存が可能である

ウェットフードは缶詰のものがよく知られていますが、最近ではパウチやカップタイプのものなどが売られています。
いずれのものも、殺菌された密閉容器に入っているので、開封するまでは3年ほどの保管が可能です。
しかし、開封してしまった場合の保存期間は、冷蔵庫で1日ほどなので、できるだけその日のうちに食べきるようにする方がいいでしょう。

このように猫ちゃんにも飼い主さんにとっても、うれしいメリットの多いウェットフードですが、毎日の食事にウェットフードのみを与えていることは少ないことが多いです。
メリットが多いウェットフードでも、やはりデメリットがあるのです。

デメリット

総合栄養食ではないので栄養が偏ってしまうこと

キャットフードの中でもドライフードは「総合栄養食」と呼ばれているので、ドライキャットフードとお水だけで、猫ちゃんが必要な栄養素がしっかり摂れます。

しかし、ウェットフードの場合は総合栄養食といえるものは少なく、ドライキャットフードと同じ栄養をウェットフードで摂ろうと思えば、たくさんの量を食べないとなりません。

ウェットフードは「栄養補完食」「一般食」「補助的フード」と呼ばれている通り、猫ちゃんの食いつきがよくても、必要な栄養素をすべて補うことはできないのです。

一度開封してしまったらすぐに食べないとならない

ウェットフードはその名の通り、水分が多く生ものなので、一度開けてしまったら日持ちしません。
冷蔵保存や冷凍保存もできますが、冷蔵庫で1日は置くことができるにしても、夏場などは痛むこともあるので、猫ちゃんの健康を考えたら、その日のうちに食べきってしまう方がいいでしょう。

値段が高いためにコスパが悪く続けにくい

ドライキャットフードに比べると、ウェットフードは1食当たりの価格が高くつきます。
少量ずつ殺菌密閉されているのはメリットでもありますが、逆にデメリットにもなるのです。

開封前は長期保存できるので、まとめ買いすればよいとしても、やはりコスパが悪いため、毎日の食事として与えるのには、負担になることが多いでしょう。
冷蔵保存したものでも傷んでしまって捨てなければならないときもあり、無駄になってしまうことも考えられます。

やわらかいフードなので猫ちゃんの歯の健康に良くない

ドライキャットフードは固い食感が、自然によく噛むことにつながり、歯石や歯の病気の予防に役立ちますが、ウェットフードはやわらかく歯につきやすいため、そのまま歯に残ってしまうことが多いです。
そのため歯石や歯垢ができやすく、歯周病や歯槽膿漏、口臭の原因になりやすいです。

ウェットフードのメリットとデメリットをしっかり見極めよう

ウェットフードは猫ちゃんの食いつきがよく、あっという間にペロッと平らげてしまうほど好きなフードです。
そのため猫ちゃんや飼い主さんにとって、うれしいメリットもたくさんある反面、値段や保存の面などのデメリットも存在します。

ウェットフードを主食にするのは、猫ちゃんにとってうれしいことでも、健康面などを考えると、ドライキャットフードとの併用、または、時々与える程度にするのが、賢い選択ではないでしょうか。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る