キャットフードをいい加減に選ぶ事のリスクとは?

家族同然に大切に育てている猫ちゃんの食事、キャットフードを、いい加減に選んでいる飼い主さんは居ないでしょう。
しかし、知らないというのはとても恐ろしいことなのです。

猫ちゃんのためを思って選んでいるキャットフードが、猫ちゃんの健康を脅かす恐れもあるのです。
今回は、キャットフードをいい加減に選ぶことのリスクについてご紹介していきます。

毎日あげるものだからと安さを基準に選んでいませんか?

猫ちゃんを初めて飼った時に、まず一番に用意しないとならないのはキャットフードですよね。
しかし、そのキャットフードを選ぶときに、とにかく安いもの…という基準で選んでいるとしたら要注意ですよ。

コンビニやスーパーで販売されている安価なキャットフードは、安いなりの理由があるのです。
キャットフードを安く作るためには、穀物がたくさん使われています。

猫ちゃんは、完全な肉食動物なので、穀物は必要ないのです。
お腹の調子を整えるための食物繊維であれば、芋類が使われているのがベストです。
その他にも、最も問題視されていることとして、安全なお肉やお魚が使われていないことです。

4Dミートが使われているキャットフードは危険

安価なキャットフードには4Dミートと言われる材料が使われています。

4Dミートとは?
〇DEAD 死んだ動物の肉
〇DISEASED 病気にかかった動物の肉
〇DISABLED 障害のあった動物の肉
〇DYING 死にかけていた動物の肉
この4つのDの内容を見るだけでも恐ろしいですよね。

このような原料が、パウダー状やミール状になって使われているのです。
「肉副産物」「●●ミール」「●●パウダー」「●●エキス」などと記載されているものは、この4Dミートが使われている可能性が大きいのです。

色が綺麗、長く保存できるというだけで選んでいませんか?

あなたは、本物のお肉やお魚を使ったキャットフードが、どんな色をしているか知っていますか?安価なキャットフードは、大抵いかにも美味しそうな色をしています。
これは着色料を使っているからなのです。
特に赤色や青色の着色料は危険なので注意しましょう。

プレミアムフードに代表される、本物のお肉やお魚だけを使っているキャットフードは総じて色が黒っぽいです。
飼い主さんの見た目から見ると、とても美味しそうには見えないでしょう。

また、長期保存が出来るようにと使われている酸化防止剤「エトキシキン」は、強い防腐力があるために、飼料や除草剤などによく使われていますが、食用としては禁止されています。
しかし、これは人間に限ったもので、動物には使っていいことになっているのです!

人間用の食べ物で、お肉やお魚の体内に残っている、エトキシキンの量は厳しくチェックされていて、人間の食べ物に使っていい許容量が1とすれば、猫ちゃんに使っていい許容量は150となっています。
とても恐ろしいことですね。

きちんとした知識を持って、いい加減なキャットフード選びはやめよう

誰もが自分の猫ちゃんは可愛いものです。
その猫ちゃんの健康のために、必死に考えていることは間違いないでしょう。
そして、決していい加減にキャットフードを選んでいるつもりもないと思います。

しかし、キャットフードの原料や、その裏に隠された真実をしっかり知っておかないと、きちんと選んでいても、いい加減に選んでいるのと同じことになってしまうのです。

大切な猫ちゃんを、飼い主さんの知識不足で病気にかかりやすくしてしまったり、寿命を短くしてしまったりすることがないように、少なくとも、キャットフードに使われている原材料や添加物には敏感になってくださいね。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る