注目!キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいこととは?

猫ちゃんがおうちに来てから、なんとなく与えていたキャットフード。
あなたは何を基準にキャットフードを選んでいますか?

キャットフードの知識がなかったりすると、スーパーで販売されている激安のキャットフードに手を出しがちではないでしょうか。
ですが、猫ちゃんの体を丈夫に保つためには、大切な栄養素がきちんと含まれている、キャットフードを選ばないとなりません。

そこで今回は、キャットフードを選ぶときに、最低限気をつけておきたいことについてご紹介していきます。

最も大切なことは総合栄養食のキャットフードかどうか

キャットフードにはドライキャットフードとウェットキャットフードとあります。
そして、主食として与えるものとして適切なのは、ドライキャットフードです。

ウェットキャットフードは、一見見た目も美味しそうに見えて、実際に猫ちゃんの食いつきもいいのですが、総合栄養食のものが少なく、ほぼ、副食、一般食と呼ばれる、総合栄養食の補足的な位置づけなのです。

総合栄養食であれば、そのフードとお水だけ与えていれば、猫ちゃんが健康に育つのに、十分な栄養を摂る事が出来ます。
どんなキャットフードがいいか迷ったら、先ずはドライキャットフードを選ぶようにしてください。

猫ちゃんにとって安全な原材料が使われているかどうか

主食として、総合栄養食のドライキャットフードを与えると決めたときには、必ずその原材料を確認するようにしてください。
そのためには、キャットフードのパッケージの裏面をチェックすることが大切です。

原材料の左上に書かれているものが、そのフードの中でたくさん入っている原材料なのです。
そこに、穀物(トウモロコシや、米、小麦など)が書かれていたら要注意です。
大抵の安価なキャットフードの場合、価格を下げるためやカサ増しをするために、大量の穀物が使われていることが多いのです。

猫ちゃんにとって穀物は必要ありません。
安全で必要な原材料は、お肉、お魚などの良質なタンパク質です。
パッケージの裏面の左上に、タンパク質の摂れる原材料が書かれていることを確認しましょう。

また、お肉と言っても、「●●ミール」や「●●エキス」「肉副産物」などと表示されているものは、お肉としての美味しいところ以外の、内臓や粉骨、クチバシや羽など、くず肉として扱われるものなのです。

このような原材料を使っているキャットフードを猫ちゃんに食べさせ続けると、病気にかかりやすくなったり、寿命が短くなったりするので注意が必要です。

着色料や防腐剤などの添加物が使われているかどうか

安価なキャットフードには、お魚やお肉の色を表わすような赤や緑などの着色がされていることが多いです。
この着色料は、猫ちゃんにとって害にしかならず、全く必要のないものです。

特に、酸化防止剤のエトキシキン、BHTやBHAなどは発がん性の可能性があり、アレルギーや皮膚病が現れることもあります。

人が食べるものでも、添加物に気をつけている方は多いです。
猫ちゃんは人間よりもうんと体が小さいので、添加物の悪影響が大きくなりやすいのは間違いないでしょう。

キャットフードの最低限の選び方を知って、猫ちゃんの健康を守ろう

猫を飼ったばかりや、初めて飼う方にとっては、どんなキャットフードを選んであげたらいいのか迷うことも多いでしょう。
特に子猫の時から飼うときは、栄養がしっかり含まれているフードを与えないと、後々の成長にも影響が出てしまいます。

今回ご紹介した、キャットフードを選ぶ上で最低限知っておきたいことを、しっかり頭に入れて、今一度、猫ちゃんに与えるキャットフードについて考えてみてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る