スープ・シチュータイプのウェットキャットフードの特徴とは?

キャットフードの中でもウェットキャットフードには、フレーク、パテ、ペースト、スープタイプと様々な種類があります。
それぞれ水分量がとても高く、水分を取り入れることが苦手な猫ちゃんにとって、大変便利なフードです。

今回は、そんなウェットキャットフードの中でも、特に水分量の高い「スープ・シチュー」タイプのウェットキャットフードの特徴などをご紹介していきます。

スープ・シチュータイプのウェットキャットフードは水分が多いのが魅力

ウェットキャットフードの中でも、スープ・シチュータイプのものは、その名の通り、水分量がとても多く、具材をしっかり煮込んであるもの、とろみをつけたもの、素材がそのまま溶け込んだシチュータイプなどがあります。

通常のウェットキャットフードは水分量75%以上ですが、このスープ・シチュータイプのキャットフードは水分量100%と言ってもいいほどです。
そのため、水分補給が苦手な猫ちゃんにとって最適なフードです。

猫ちゃんにウェットフードをメインで与えるときには、出来るだけ「総合栄養食」と書かれているタイプが良いのですが、このスープ・シチュータイプのフードは、必ずしも総合栄養食のものだけではないことは念頭に置いておきましょう。

それでも、おやつ代わりに与えるだけで、手軽に水分補給できる点は素晴らしいメリットではないでしょうか。
また、嗜好性が高いことから、初めは水で薄めてあげて、徐々に水だけに移行していくことで、お水をあまり飲まない猫ちゃんに楽に飲ませることが出来ます。

猫ちゃんの好む具材を使っているものが多く食いつきが良い

普段からスープ・シチュータイプのフードを与えていない飼い主さんは、このタイプに様々な味のバリエーションがあることを、知らない人が多いでしょう。
しかし、カニやホタテ、白身魚や七面鳥など、意外に高級素材が使われていることが多く、猫ちゃんが好むタイプのフードといえます。

そして、大抵はレトルトパックになっているため、素材の新鮮さも保たれ、添加物も少ないため、安心して与えられる他、素材そのままの天然な味わいが楽しめるタイプといえるでしょう。

ほとんど噛む必要がないので、子猫や療養中の猫、シニア猫に最適

スープ・シチュータイプは言うまでもなく具材が柔らかくなっており、噛まなくても楽に食べられるフードです。
そのため、離乳期の子猫や、療養中で食欲が落ちてしまった猫、噛む力がなくなってきたシニア猫などに適しています。

また、食欲のない猫ちゃんには、少しフードを温めてあげると嗜好性が増すため、食いつきが良く食べやすくなります。

レトルトパウチは持ち運びに便利で、ゴミ処理も簡単にできる

猫ちゃんと一緒にお出かけしたりする場合は、フードを持参するのは大変ですよね。

その点、スープ・シチュータイプは、1食分ごとに小分けされたレトルトパウチのものが多いので、手軽に持ち運びが出来る上に、捨てるときもコンパクトに丸めて捨てられるのが大変便利です。

スープ・シチュータイプのウェットキャットフードは特長を上手に活かそう

様々な点で便利なスープ・シチュータイプのフードですが、メリットばかりではありません。
レトルトパウチは開けてしまったら保存が出来ませんので、直ぐに食べきる必要があります。
また、柔らかいため噛む必要のないメリットは、逆に顎の力を弱くしてしまうデメリットにもなります。

ウェットキャットフードはドライキャットフードと違い、歯につきやすく、歯垢や歯石になりやすいのです。
猫ちゃんの歯を守るためにも、スープ・シチュータイプのウェットキャットフードは、ドライキャットフードと上手に組み合わせて、適宜与えるように気をつけてください。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る