実は貴重なフードだった!?セミモイストタイプのキャットフード

猫ちゃんの総合栄養食として不動のポジションを確保しているフードとして、ドライキャットフードがありますが、今回ご紹介するセミモイストタイプのキャットフードは、ドライキャットフードとウェットキャットフードの、ちょうど中間に位置するキャットフードです。

訳あって、今では簡単に手に入れることの出来ない、セミモイストタイプのキャットフード、一体どのようなフードなのでしょうか?じっくり見ていくことにしましょう。

セミモイストタイプのキャットフードとは?

セミモイストタイプのキャットフードは、ドライキャットフードを柔らかくしたようなタイプです。
主に、キャットフードよりもドッグフードに多く見られるタイプともいえるでしょう。

ドライキャットフードの水分含有量が10%以下、ウェットキャットフードの水分含有量が75%以上、スープ・シチュータイプの水分含有量が100%に近いのと比べると、セミモイストタイプの水分含有量は25~35%程の柔らかさです。
指で押すとつぶれる程度の水分量です。

このセミモイストタイプのキャットフードは、ドライキャットフードと同じ工程で作られています。
猫ちゃんの好きな素材を混ぜ合わせたら、それを押し出し機に入れてカットしていきます。

その後、ドライキャットフードだと発砲や乾燥をさせるのですが、この工程がありません。
水分を維持するための、湿潤調整が行われます。
そのため柔らかな半生タイプに仕上がります。

セミモイストタイプのキャットフードは総合栄養食ではない

水分を多く含むことから、セミモイストタイプのキャットフードは素材の味がそのまま感じられ、猫ちゃんにとって大変食いつきの良いフードです。
嗜好性が高いことから、主食と言うよりも、おやつとして与えることが多いでしょう。

猫ちゃんの主食には総合栄養食が適しているのですが、このセミモイストタイプの場合は、主要なタンパク質、脂質、炭水化物が含まれてはいても、栄養バランスが良いとはいえませんので、主食として与えるには適していません。

実はセミモイストタイプのキャットフードは製造中止になっている!?

セミモイストタイプのキャットフードは、その柔らかな食感から、子猫やシニア猫まで便利に与えられるフードです。
しかし、その半生の状態を維持するために、猫ちゃんのためには良くないと言われている保存料が使用されていて、ペットフード規制により製造販売が中止となってしまいました。

それでも全く販売されていないわけではなく、セミモイストタイプの中でも規制された保存料を使用していないものに限り、現在でも販売されています。

しかし、一般的なペットショップや量販店などでは気軽に購入することが出来ず、主にネット通販に頼ることになるのが、少し不便なところですね。

例え、販売されているとしても、おやつとして軽く与えるタイプのものが多く、たくさんの量を与える目的では販売されていません。

セミモイストタイプのキャットフードはご褒美をメインとしよう

上記で説明したとおり、現在セミモイストタイプのキャットフードはなかなか手に入りにくく、ネット通販で取り寄せのような形になります。

そのため、例え、猫ちゃんの食いつきの良い嗜好性のあるフードであっても、ドライキャットフードと混ぜて与えるなど、ご褒美としての位置づけで与えるのが、正しい与え方といえるでしょう。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る