ドライキャットフードとウェットキャットフードではどちらが良いのか?

新しく猫ちゃんを迎えた時や、猫ちゃんの健康の為にキャットフードの質について考えたときなどに、ドライとウェットフードどちらがいいのか迷うことはありませんか?

ドライキャットフードの方が経済的負担も少なく、日ごろ主食として与えているご家庭は多いかもしれませんね。
ですが、実際にはドライキャットフードとウェットキャットフードとどちらが良いのでしょうか。

今回は、ドライキャットフードとウェットキャットフードでは、どちらがよいのか、それぞれの特徴を踏まえて考えてみましょう。

経済的負担がかからない面ではドライキャットフードが便利

一般的に、ドライキャットフードが主食として利用されている理由として、総合栄養食だから、ということが挙げられます。
総合栄養食とは、エサとお水さえあれば、猫ちゃんに必要な栄養素が満遍なく摂取できるフードです。

そして、水分が10%以下となっていることから、長期保存もできるため、頻繁に買う必要がありません。
内容量あたりの価格が比較的安価なので、経済的負担が少ないメリットもあります。
そして何より、そのフードの固さは、猫ちゃんの顎を鍛える役割をしっかり担ってくれるので、歯の健康にも役立ちます。

ウェットキャットフードの魅力は何といっても食いつきの良さ

ウェットキャットフードは、水分量が75~85%ほど含まれていて、柔らかいです。
猫ちゃんの大好きなお肉やお魚をメインに作られているので、風味もよく食いつきがよいことで知られています。

ドライキャットフードに飽きて、食欲の落ちた猫ちゃんも、ウェットフードをあげると食欲が増すのかまたよく食べるようになります。
そして、お水を飲むのが苦手な猫ちゃんにとっては、ウェットフードを与えるだけで、水分補給ができるのが素晴らしいメリットでしょう。

ただし、柔らかいため歯につきやすく、歯垢や歯石がたまりやすいです。
そして、ウェットフードにはほぼすべてのものに保存料などの添加物が使われています。
そのため、開封前にはドライキャットフードよりも長期保存ができるわけですね。

ドライキャットフードとウェットキャットフード結局どちらが良いの?

ドライとウェット、それぞれの特徴を見てきましたが、あなたはどちらが良いと感じましたか?

一見猫ちゃんの食いつきの良いウェットキャットフードを与えるのが、猫ちゃんの為にもいいのでは?と思ってしまいがちですが、ウェットキャットフードのデメリットもしっかり念頭に置いてください。

その点ドライキャットフードは総合栄養食のものが多く、猫ちゃんにとって欠かせない高たんぱく、穀物フリーのプレミアムキャットフードなどもそろっています。

将来的に、シニア猫になったときにも丈夫な歯でいてもらうためには、普段から固いドライキャットフードを与えて、歯石や歯垢を防ぎ、顎の力も鍛えるようにした方がいいでしょう。

それでも、まったくウェットキャットフードを与えない、ということではなく、猫ちゃんにとってご褒美やおやつ的な存在として、与えてみるというのも、一つの選択ではないでしょうか。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る