ヒューマングレードキャットフードとは?意外と知らない事実を解説!

家族同然に可愛がっている猫ちゃんであれば、人間の私たちが気にかけるのと同じように、毎日食べるキャットフードも気にかけたいものですね。

しかし、猫ちゃんにとって本当に良いキャットフードはどんなものなのか、詳しく知っている飼い主さんは意外と少ないかもしれません。

今回は、猫のための良質なキャットフードとして知られる、プレミアムキャットフードのなかでも「ヒューマングレードキャットフード」はどんなフードなのか、意外と知られていない事実についてご紹介していきます。

最近注目されているヒューマングレードキャットフードとは?

猫ちゃんの健康のためや、丈夫な体に育てるために必要なキャットフードとして、ネットや書籍で色々と調べている方であれば、誰もが知っているキャットフードに、グレインフリーキャットフードがあります。

このフードは猫ちゃんに必要のない「穀物」を一切含まないフードとして知られています。
このような高品質のキャットフードのことを、プレミアムキャットフードと呼びます。

その中でも「ヒューマングレードキャットフード」というのは、ヒューマン=人間、という意味が表わすように、人間でも食べられるレベルの材料を厳選して使っているキャットフードのことなのです。

ヒューマングレードキャットフードに使われている材料とは?

プレミアムキャットフードが厳選したお肉やお魚を使い、添加物などを使っていないように、ヒューマングレードキャットフードも主原料のお肉やお魚には、人間でも食べられる基準のものが使われています。

安価なキャットフードによく使われている4Dミート(病気や障害のある動物の肉だけではなく骨粉や内臓、羽やクチバシなども使われている)のような粗悪な原料が使われていません。

チキンやラム、ターキー、ダックなどの新鮮な主原料の他にも、猫ちゃんの健康に必要なビタミン・ミネラル、新鮮な果物・野菜、ハーブなどが使われているのです。

例えば猫ちゃんのかかりやすい病気として腎臓病や、尿路結石があげられますが、これらの予防に配慮して、ミネラル成分がバランス良く含まれています。
また毛玉のケア用には、天然ミネラルのナチュラルシリカを使うなど、猫の健康のために安心・安全が徹底されています。

その他にも、オメガ3やオメガ6など、人間にとっても必要である良質な油や、脳の働きを良くしたり、腸内環境を整えたりする成分も配合されています。

良いところづくしのヒューマングレードキャットフードの意外な事実とは?

猫ちゃんは完全な肉食動物なので、穀物を消化する酵素を持ち合わせていません。
だからといって全く食べられないのかというと、そんなことはないのですが、出来るだけ穀物は避けた方が無難なのです。
そのため最近ではグレインフリー(穀物不使用)のフードが人気を呼んでいますね。

そして、グレインフリーであり、且つヒューマングレードのものであれば、猫ちゃんの健康のためのフードとしては最適と思われがちですが、実はヒューマングレードキャットフードについて、AAFCO(米国飼料検査官協会)やUSDA(アメリカ農務省)のような、法的機関の明確な基準はないのです。

確かに、ヒューマングレードキャットフードは、人間でも食べられる基準のものを主原料に使われていますが、だからといって人間が本当に食べたところで、これは美味しい!と舌鼓を打つほどの美味なのか、というと、そういうものではありません。

あくまで「人間でも食べられるレベルの原料」が使われている、だけにすぎないのです。

ネットの情報に踊らされることなく適切なキャットフードを選ぼう

ヒューマングレードキャットフードは、有無を言わせず猫ちゃんにとって良いフードだ、というイメージが蔓延していますが、ヒューマングレードだからといって、パッケージの裏面を見ることなく購入するのは注意が必要です。

人間が食べられるレベルのもの、という基準となっているのに「●●ミール」「●●エキス」などという表示がされているヒューマングレードキャットフードもあるからです。

大事な猫ちゃんのためを思って、本当に良質なキャットフードを選びたいのであれば、飼い主さん自身もしっかり勉強して知識をつけ、フードの原材料にはきちんと目を通して、自分の目で確認してから選ぶようにしたいものですね。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る