キャットフードの原材料(鶏脂肪)

脂肪は猫の活動のエネルギー源となる必要不可欠な栄養素です。
脂肪には動物性脂肪と鶏脂肪があります。
動物性脂肪は牛肉や豚肉、鶏や鴨などいろいろな油脂が含まれたもので、鶏脂肪は鶏のみを原材料とする油脂です。
鶏脂肪は由来がわかるので安心して使える油脂です。

鶏脂肪は鶏を食肉として切り分ける際に出る副産物に含まれる油脂を、熱を加え精製することにより得られます。
油脂を取った後の部分は乾燥し、ミールや肉粉に加工され、ペットフード、家畜の飼料、農耕肥料に使われます。
鶏脂肪はやや黄色味を帯び、常温ではペースト状です。
鶏脂肪には、牛肉や豚肉よりも多くの不飽和脂肪酸が含まれています。
脂肪に含まれる脂肪酸には2種類あり、飽和脂肪酸はエネルギーで使用されずに余った場合は、中性脂肪として体に蓄積されます。
不飽和脂肪酸は体内で生成できないので、食物から摂取する必須脂肪酸で、健康維持に優れた作用のあるオレイン酸やリノール酸、リノレン酸などの油脂や、目や脳の神経に重要な働きのあるDHAやEPAなども含まれます。

鶏脂肪に含まれる脂肪酸は、不飽和脂肪酸のオレイン酸約37%、リノール酸約22%、オメガ3系のαーリノレン酸約1%、飽和脂肪酸のパルミチン酸約22%です。
牛肉や歌肉の脂肪は常温では固形ですが、鶏脂肪はペースト状です。
そのため、高い効能を持つ不飽和脂肪酸ですが、酸化しやすいという弱点がありますので、酸化防止剤としてビタミンEなどの添加が必要です。
キャットフードに含まれる鶏脂肪はカロリーの供給や脂溶性ビタミンの運搬の働きをすると同時に、必須脂肪酸リノール酸やαーリノレン酸は、体内で生理活動に作用し、身体の働きを調整します。
また、鶏脂肪がフードに加わると、嗜好性がアップします。
由来がわかるという安心感と優れた効能、嗜好性の高さから、プレミアムフードをはじめ、多くのキャットフードに使われています。
人の食べるラーメンにも風味付けとして使われています。

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る