go top

キャットフードの原材料(加水分解動物性タンパク、加水分解甲殻類)

キャットフードの原材料に加水分解動物性タンパクや加水分解甲殻類などがあります。
これは、塩酸の作用により、分子をさらに細かくするものです。
加水分解動物性タンパク質は、タンパク質を分解してアミノ酸にします。
加水分解甲殻類は、甲殻類の殻を形成するキチンを分解してグルコサミンを作り出します。
細かく分解することにより栄養成分の吸収性を高めるために使われています。
塩酸を使用すると危険ではないかと思われますが、分解後の塩酸はアルカリで中和し、除去されますので問題はありません。

また、精製の段階でクロロブロバノール類という不純物が微量に生成され、国際機関のJECFAの評価では、「発がん性のある物質であり、技術的に可能な限り低減すること」とされてます。
ラットへの長期間、大量摂取による検査を行ったところ、発がん性があったということで、通常の摂取とは異なりますが、可能性が否定はできないということです。
私たちがほぼ毎日口にする醤油やソース、パン、ハムやチーズなど多くの食品に含まれているものですから、その可能性は極めて低いものといえます。

加水分解された成分アミノ酸やグルコサミンは栄養分の吸収性に優れ、消化器官への負担を軽減することができます。
そのため、消化器の未発達な子猫や、病気の猫、加齢により体の機能の衰えた高齢の猫などの栄養補給に適しています。
加水分解動物性タンパクは、身体を構成する筋肉や血液など様々な器官を作る基本的な栄養素タンパク質であり、活動のエネルギー源の速やかに補給してくれます。
加水分解しアミノ酸になることで、コクや旨味が増しますので、嗜好性も高くなります。
加水分解甲殻類グルコサミンは、軟骨を形成する成分で、関節炎などにも有効な成分です。
同じく関節や軟骨に有効な成分コンドロイチンやヒアルロン酸もグルコサミンから生成されます。
加水分解動物性タンパクや加水分解甲殻類は猫の栄養補給に非常に優れているものですから、高齢猫用のキャットフードや、病気の猫の療法食など、多くのフードに利用されています。