go top

キャットフードの原材料(肉粉・ミートミール)

キャットフードの原材料として使われる肉粉・ミートミールは、アメリカ飼料検査官協会の定義によると、血液、毛、蹄、角、くず皮、糞、胃、ルーメン(ただし、含有物を除く)部分を精製したもの(脂肪を除いたもの)。
カルシウムの含有量がリンの2.2倍を超えていないもの。
ペプシン(胃に含まれる消化酵素)で消化できない残留物が12%以下で、また生成されたものの中の、ペプシンで消化できない粗タンパク質が9%以下であること、とされています。

肉粉・ミートミールの内容物を見ると、人間が口にしないものばかりですから、これを原材料とするのは粗悪なキャットフードといわれます。
しかし、それは栄養としての評価ではなく、人間の視覚的・心理的評価でしかありません。
ウェットフードに使われるマグロやカツオも血合肉は白身肉と同じ筋肉ですが、血液と同じ色素成分も含み、栄養成分的には白身肉よりも多くの有用成分を含んでいます。
しかし、飼い主は見た目に美しい白身肉を選んでいます。
自然の中でネズミなどの小動物を頭から尻尾まで全部食べてしまう肉食の猫にとって、無駄な部分はありません。
人も小魚や魚介類を内臓や糞を除くことなく表面を洗っただけで、丸ごと焼いて食べることもあります。
また、肉粉・ミートミールの材料に4Dなどの粗悪な素材が含まれているともいわれますが、その可能性は低いものです。
キャットフードの原料が安全に使用されるために、世界各国で法整備がされており、人間の食品と同水準の品質管理がされるようになっています。
原材料の収集先は豚や鶏などを飼育する農場や畜産場、食肉加工場と限定されています。
肉粉・ミートミールの製造や出荷は、独立行政法人農林水産消費安全技術センターが基準に合致すると確認した工場に限られています。
また、原材料の生産・加工・流通・販売まで必要な情報を記録・保管するようになっています。

ペットフード安全法では、製造・輸入業者の登録が義務付けられており、行政の立ち入り検査もできる制度となっていますので、全ての段階での追跡調査が可能となっています。
ですから、粗悪な素材が入る可能性は極めて低くなっています。
肉粉・ミートミールの内容物を見ると、確かに可愛い愛猫に食べさせていいのかと思うかもしれませんが、栄養素をたくさん含んだ原料であり、大切な命を最後まで大切にするということでもあります。
キャットフードは、メーカーによって使用されている原料が違うため、裏面に記載されている表記を確認してから購入してあげることが大切ですが、裏面を見てもさっぱりわからないなんてこともありますよね。
そんな時は、事前にキャットフードの口コミや評判を下調べしてしておくと良いでしょう。
どのような商品が人気なのか、人気の理由は何か、なども知ることができるため愛猫に安心して与えることができるキャットフードと出会うことができるでしょう。