【選び方の条件】プレミアムフードについて知る

愛猫の健康に悪影響を与える要因を排除したプレミアムフードを与える事は、愛猫の健康を守る為に非常に役立つ手段の一つ。

「高品質なフードは市販されているものと何が違うの?」という点に疑問を抱いている方も少なくないはず。

そこでこのページでは、プレミアムフードならではの特徴についてまとめてみました。

全猫種・全ライフステージ対応なのはなぜ?

スーパーやペットショップなどでは「猫種別」のフードが販売されていますが、当サイトで紹介しているような本当に高品質なフードは、基本的に「全猫種・全ライフステージ対応」のものが殆どです。
猫の種類によってパッケージや内容が異なる…ということは滅多にありません。

その理由は至ってシンプル。
実は、猫種別にパッケージが異なる場合でも内容はそこまで大きく変わらないからです。
猫種別にパッケージを分けているのは、飼い主さんに手に取ってもらいやすくする為。
もちろん、多少は成分の違いがありますが、健康への貢献度はどれも同程度で大差はありません。

本当に高品質なプレミアムフードは、生物学的に見て理想的な栄養バランスを実現している為、わざわざ猫種別・ライフステージ別にパッケージを分ける必要がないのです。

「グレインフリー」であることが重要

高品質なフードとそうでないフードの違いの一つに、穀類使用の有無があげられます。
猫は本来、穀類を自ら食べることはありません。
消化器官が穀類の消化に対応していないのです。
さらに、アレルギー源となるリスクもあるので、小麦やコーンなどの穀類は猫にとって「好ましくない食材」なのです。

自然界に生きている猫は獲物を内臓まで丸ごと食べるので、草食動物が食べた植物性の食材(葉や穀類)を摂る機会が全くない訳ではありません。
草食動物の胃の中で消化されている状態のものを摂取する為、猫の消化器官に負担が掛からないようになっているのです。

それに対して、市販されている多くのフードには穀類がたっぷりと使用されています。
穀類は原材料の中でも安価である為に、かさ増しの為に使用されているケースが多いのです。
つまり、猫の健康ではなく、コスト削減に重点がおかれたフード製造が行われている…と言わざるを得ない状況があるのです。

それに対してプレミアムフードの中には、穀類を一切使用していない「グレインフリー」という製品が存在します。
穀類が使用されていないので、アレルギーの危険性が非常に低く安心して与えることができます。

穀類が入ったフードを与えてしまうと…
・体調不良ではなさそうだけど嘔吐の回数が多い
・フケが出やすい
・肥満体型になりやすい
・アレルギー体質
などの悪影響が生じやすいので注意しましょう。

逆に、上記したようなトラブルを解消したい場合は、グレインフリーのフードに切り替えてみると良いかも知れません。

原材料をすべて表示している

人間用の食品と違い、日本ではペットフードに使用している原材料を全て表示する必要がありません。

その為、パッケージ背面の成分表示には、合成添加物などが表記されることは稀です。
つまり、成分表示をチェックすることによって、本当に安全なキャットフードを選ぶ…というのは困難。

合成添加物の表示がなくても、実際には危険性の高い発がん性のある添加物が配合されているということが少なくないからです。

それに対して、プレミアムフードなら「原材料は全て表記しています」と宣言している製品が沢山あります。
つまり、「合成添加物を使用していない…」ということをハッキリと確認することができるのです。

キャットフードの場合、発がん性の疑いがある合成添加物が使用されるケースが多くあります。
動物病院で取り扱っている大手メーカーでさえ「BHA」や「BHT」を使用しているのです。

その為、愛猫の健康を考えるなら「入っているかどうか分からない…」というメーカーの製品は選ぶべきではありません。
「原材料は全て表記」とハッキリと宣言しているメーカーの安全な製品を選ぶように意識しましょう!

この記事を読んだ人におすすめのコラム

トップに戻る