go top

キャットフードの原材料(ひまわり油)

キャットフードの原材料のひまわり油は、必須脂肪酸のオレイン酸やリノール酸、ビタミンA、D、Eやカルシウム、鉄、亜鉛、リン、カリウムなどのミネラル類を含む栄養豊かなオイルです。
新陳代謝を促進し、身体や皮膚、被毛を健康に保つ働きがあります。
オレイン酸は、体内の酸化や活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用が、脳や体の細胞の健康を維持します。
血液をサラサラにする作用もありますので、動脈硬化や心筋梗塞の予防にも効果があります。
また、善玉コレステロールには影響を与えませんが、悪玉コレステロールを減少させます。
その他にも腸の活動を活発にして便秘を解消したり、胃酸過多・胃潰瘍の予防にも有効です。
リノール酸は、血中コレステロールや中性脂肪を下げる働きがありますので、血圧上昇抑制効果があります。
細胞の増殖作用がありますので成長や皮膚の保湿など健康に欠かせないものです。
不足すると、傷の治りが遅くなったり、被毛が乾燥してバサバサになったりします。
しかし、過剰に摂取すると、アレルギーの悪化、免疫力低下、老化の進行、大腸がんのリスクが高まります。
ひまわり油に含まれるビタミンで最も多いビタミンEは、「老化防止のビタミン」として注目される脂溶性ビタミンで、脂肪の酸化を抑え、過酸化脂質の生成を抑制する抗酸化作用があります。
そのため、動脈硬化の予防、血行改善、溶結性貧血予防、生殖機能維持などの効能もあります。
健康に良いとされる不飽和脂肪酸も摂りすぎると前述のようにがんや老化の原因となりますが、それを防ぐのもビタミンEの働きです。

ひまわり油には優れた成分がたくさん含まれ、それぞれの欠点を補うような働きをしています。
適量を取り続けることが健康維持にとって大切なことです。
市販のキャットフードには適量がバランスよく配合されていますので、愛猫に合ったものを利用するのが早道です。
病気回復期や手術後の療法食やプレミアムフードの多くにも使われていますので、たまに利用するのもいいでしょう。